アトピスマイルと痒み

アトピスマイルを使うと痒みも治るのでしょうか?アトピスマイルで痒みが治るなら、ぜひ試したい!本当のところはどうなの?
MENU

アトピスマイルクリームで痒みも治る?

アトピスマイルは、アトピーの痒みや、乾燥肌の痒みにも効果があります。

 

ただし、かゆみ止めなどの成分が入っているわけではありません。

 

ライスパワーエキスNo.11の効果で、水分保持能が改善されることで自然と痒みも減少していきます。

 

薬ではありませんから、効果が出るまでには時間がかかります。

 

公式サイトのQ&Aにも質問がありました。

 

 

Q2.アトピスマイルクリームを使うと、かゆみは治まるのでしょうか?
回答

 

ライスパワーエキスNo.11は皮膚水分保持能を改善することにより、乾燥が原因と見られるかゆみに対しては効果が確認されております。
しかし、かゆみ止めの薬剤は入っておりませんので、すぐにかゆみが治まるというわけではありません。

 

 

アトピスマイルで痒みが治まるのは、薬などで一時的に症状を抑えるのとは違います。

 

かゆみ止めは、あくまでも一時的に症状を抑えているだけにすぎません。

 

根本的な原因を治しているわけではありません。
ですので、薬の効き目が切れたら、また痒みの症状が出てきます。

 

そして、また薬を塗らなければならない。

 

アトピスマイルクリームは薬ではありません。

 

しかし、痒みの原因となることを改善することで痒みの症状を徐々に改善していきます。

 

ですので、効果に即効性はないことを知っておいてくださいね。

 

 

アトピスマイルクリームで痒みを改善できる理由

 

有効成分であるライスパワーエキスNo.11の力で、痒みの原因を改善していきます。

 

ライスパワーエキスNo.11の『水分保持能の改善』の効果です。

 

肌に水分が保持できないため、肌が乾燥し、バリア機能も低下します。

 

バリア機能が低下すると、外部の刺激に敏感に反応してしまいます。
刺激が痒みとなって症状として出てきます。

 

痒みがあるから、皮膚をかき肌を痛めます。
その結果、さらに肌が荒れていき、ますます肌が乾燥していきます。

 

この悪循環を断ち切るためにも、肌に水分を保つ力を改善しなくてがいけません。

 

この機能を改善してくれるのが、ライスパワーエキスNo.11です。

 

 

薬はあくまでも一時的に痒みを押さえ込んでいるだけです。
それでは何の改善にもなっていません。

 

根本的な原因を治さないと、いつまでも痒みは残ります。

 

だからこそ、アトピスマイルのように根本的な原因にアプローチしてくれるものが必要になります。

 

「すぐに痒みが治らない。」
といって、使うことを中止するのはいけません。

 

肌が生まれ変わろうとしている時に使用をやめてしまうと、元の状態に戻ってしまいます。

 

肌にはターンオーバーというサイクルがあります。

 

生まれ変わるのにも時間がかかります。

 

効果を感じないからといって、すぐに諦めんないでください。
最低でも3ヶ月は継続して様子を見ることをおすすめします。

 

ステロイドのような成分は使用されていませんから、安心してくださいね。

 

このページの先頭へ